花火大会ではリングストラップが超便利

私が今まで使ってきて便利だなと感じたのは、リングストラップです。
リングストラップとは、持ち手部分がリングになってるんです。
このリングに指を通しておくと、スマホを落とした時にリングが指に引っかかって落とさずにすみます。
スマホって手でしっかり持ってても、不意な衝撃で落としてしまうこともありますからね。
しかも室内なら落下時の衝撃はあまり大きくありませんが、外だとかなりのダメージをスマホに与えてしまいます。
強固なスマホカバーなら本体へのダメージを抑えられますが、スマホカバーに傷が入りますしね。
リングストラップを使っていて特に便利だったのは花火大会の帰り道です。

 

 

花火大会って花火打ち上げが終わると観客は一斉に帰ろうとします。
帰り道はものすごい人混みです。
しかも花火大会の打ち上げ場所って人の少ない辺鄙な場所で行われますから、会場から少しでも離れたら道路は真っ暗です。
暗くて足元ははっきり見えない為、私はスマホのフラッシュを懐中電灯代わりにするんです。
簡単にon/off出来ますし、夜道を明るく照らしてくれるので足元の不安は解消です。
ただ夜道の不安は解消されても、人にぶつかってスマホを落としそうになったりするんです。
普通にスマホを持つだけならこの心配は付きまといます。
でもリングストラップだとこの心配はないんですよね。
スマホが手から離れてしまっても、リングストラップのおかげでスマホは落ちません。
引き寄せればスマホはすぐ手元まで戻ってきますし、すごく便利なんです。
価格的にもそんなしませんし、花火大会に出掛ける時はリングストラップは必需品!と感じるほど気に入ってます。